胃がんの治療法

治療にかかる金額は

病院

胃がんというのは、比較的自覚症状が出やすいものですので、早期発見となることの多い病気です。 そのためがん細胞が、粘膜層内にとどまっているうちに治療を開始できることも多い傾向にあります。 そうした胃がんの治療というのは、内視鏡的粘膜切除の手術が主流となっています。 このような治療を行う際の治療費は、大体100万円前後となるのが一般的です。 これは保険が適用された場合の、自己負担額3割での料金となります。 手術を行うため入院が必要となるわけですが、その平均入院日数というのは1ヶ月程度といったところです。 ですが高齢なるほど、入院日数は伸びる傾向にあります。 そうした場合には、その分治療費は加算される形となります。

生活にとり入れたいちょっとした工夫

がんというものは、治療も辛いですが心も辛いものです。 どうしても、心の元気までなくしてしまうことも少なくありません。 特に胃がんの場合には、好きなものが食べられなくなるということもありますので、ストレスは相当なものになります。 そこでストレスを和らげるためには、ニオイを利用すると良いのです。 それもアロマなどよりも、好きな食べ物のニオイが有効です。 食べたくなって辛くなると思われがちなのですが、実はこれは逆で精神的リラックスに繋がるのです。 たしかに健康体の場合には確かに辛くなります。 ですが胃がんの場合、特に手術により胃を切除してる場合にはニオイでも満足する傾向が強くあるのです。 これによって、食べられないというストレスを緩和することができます。